住む人に「やさしい」看護師寮 2014年10月号 月刊ナーシングに掲載 | ACTIVE CARE | アクティブ・ケア

NEWS

≫ 一 覧

2014.10.28

住む人に「やさしい」看護師寮 2014年10月号 月刊ナーシングに掲載

獨協医科大学神経内科 准教授 辰元宗人医師と、弊社代表 尾田恵が取り組む、
「Active Care®」(アクティブケア)の配慮を取り入れた空間、住む人に「やさしい」看護師寮についての
取材内容が、月刊ナーシング 2014年10月号(P110~P112)に掲載されています。

辰元宗人氏とともに「片頭痛にやさしい住環境」の実現に取り組むようになり、今までにない
発想でインテリア空間をプランニングいたしました。
「Active Care®」(アクティブケア)の配慮を取り入れた空間では、
片頭痛を持つ入居者の方の症状が緩和された、とう結果は2014年6月の日本人間工学会でも発表しております。
医療とインテリア、健康に配慮した空間づくり、「Active Care®」(アクティブケア)について、
詳しくはぜひ掲載記事をご覧ください。

P1360700

獨協医科大学看護師寮のインテリア事例はこちら

月刊ナーシング/学研メディカル秀潤社

 

*インテリア健康学 アクティブ・ケアとは?
自分自身で健康を守りさまざまな症状と向き合う、前向きで積極性のある健康管理の考え方。
日々の暮らしの中で、影響の大きいインテリアで “カラダとココロ” をケアし、毎日を豊かに快適に過ごすことを目的としています。
弊社代表 尾田恵と、獨協医科大学 准教授 辰元宗人氏が5年以上共同研究を重ね開発した、
「医療とインテリア」から生まれた全く新しいインテリア・メソッドです。

 

≫ 一 覧

本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。